クラウド定例ゲームの基礎知識

店内イメージ

安全対策と基本ルールです。
違反者を発見した場合、厳重注意、指導させて頂きます。


安全対策①   ケガ防止

料理イメージ

フェイスガード着用推奨。  ○レンズゴーグル着用推奨。
○いかなる場合でもフィールド内でゴーグルは外さないで下さい。
どうしても止むを得ない場合はいさぎよくその場でリタイヤして下さい。
○怪我、損害は全て自己責任とさせて頂いております。


安全対策②   セーフティエリア(安全地帯)

○セーフティエリアでは全ての銃のマガジン(弾倉)を外して下さい。
○セーフティエリアは原則試射禁止です。
○銃口を故意に人に向けないで下さい。
○置く場合に銃口が人に向かない様に配慮して下さい。
○喫煙は所定の場所でお願いします。

ヒット判定のレギュレーション

BB弾が身体・銃・装備品に当った場合、ヒット(戦死)となります。

基本的に銃口からの運動エネルギーと判断されるもの。
(地面・木々からの跳弾、味方からの誤射、遠距離からのやまなり弾道、)

【補足】
アンデッド(ゾンビ)行為はゲームを根本的に妨害し運営に対する挑発行為です。
明らかに見かけた場合は対象の特徴をスタッフに報告して下さい。
また自分の不可抗力など心配な場合もスタッフに自己申告相談して下さい。

ヒットされた後の行動レギュレーション

ヒットコールは大きな声で「ヒット!」と自己申告で宣言し、それ以上撃たれない様にして下さい。(声が小さく聞こえない場合やアピールが曖昧な場合は要注意。)

ヒット宣言が認められたプレイヤーは以降デッドプレイヤー(戦死者)として行動して下さい。

宣言後はすみやかに他のプレイヤーの妨げにならない様に銃や手を上げるなどアピールしてすみやかにゲームエリアからセーフティエリアへ移動して下さい。

ヒット後の退場時に明らかなデッドマーカーも着けず不用意に銃のグリップを握らないこと。
(交戦可能と判断される場合があります。)

戦死者がまだ残っているプレイヤーに戦況情報提供することはサバゲマナー違反です。

アンデッド(ゾンビ)行為の認定について

悪質な故意のゾンビ行為が明らかに見受けられたとき。

個人または団体に対して苦言、申告が多数寄せられたとき。

またそれらの意見に対して反省や改善が見られないとき。

その他のレギュレーション

○戦死退場者によるゲーム進行中のエアガン試射は禁止です。
○近接による思いやりフリーズコールは原則禁止です。
○ゴム・プラ製でもナイフアタック・身体に触れることは禁止です。

○けが・負傷した場合、害虫・害獣に遭遇し危険を感じた場合、大きな声(笛等)です みやかにゲーム中断を申出て下さい。

○ドレスコードは基本ありませんが、第三者が不快に感じる服装は避けて下さい。(TPO考慮)

貸切時の規定

ゲーム進行及び時間管理・利用規約遵守等は代表様方でお願いします。
施設利用中に運営から注意・指摘を受けたら速やかに改善して下さい。

定例の永久退場・会員権剥奪の規定

個人または団体に対して会員としての資質が見られないと判断したとき。

個人または団体がアンデッド(ゾンビ)プレイヤー認定を受けたとき。

個人または団体に対しての暴言、暴力、恫喝、威嚇行為が見られたとき。